上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『31』

昨日の夜に届いたこの『31』
じっくり聞く間もなく、仕方ないからオマケについてきた小冊子でも読んで寝るか~と開いたら、これが曲解説…。
おっといけない!
こういうものを先に読んじゃぁ、新鮮な気持ちで味わえなくなっちゃう。
これは聞いた後で読むことにしましょう。

ということで、今朝になって掃除・洗濯が済んでから歌詞カードを見ながらじっくりと聞き込んでみました。
その上で私なりに感じた事をまとめてみました。

後で、小冊子を読んでみて、要さんが伝えたかったこととかなり違う所もあり…。
情けないけれど、コレはド素人が感じた事ですから~
かなり長いです。お閑な方だけどうぞ~。(笑)
(mixiに載せたものと同じ内容です。あしからず…)


ズバリ、『31』のテーマは “大人” ・・・とみた。
このアルバムの中には「愛している」とか「好きだ」という言葉は一言もありません。
それでもしっかりと“愛”は伝わってきます。
男と女の間の愛だけではなく、家族愛、人類愛…もっと大きなもの、自然や万物に対する愛まで見事に伝えています。
年齢と経験を重ねてたどり着いた“愛”が詰まったアルバムだと思います。
その愛はさらに自分自身にも向けられていて、「これだけでは終わらないぞ!」という向上心溢れる意志まで込められているようです。

まさに、大人の男たちが大人のために作った大人のためのアルバム!

早くLIVEで聞きたいな~


01.Spice of Life  
あ~ん 一曲目からヤラレタ!って感じ~
イントロから引き込まれてしまいます。
好きだな~、こういう“思わず肩が揺れちゃう~”って感じの曲って。
ジャズっぽい音だけ聞いていると愛を語っても似合いそうなのに、詩の内容は “人生!” (笑)
大人じゃないと歌えない1曲ですね。
ペットの音色も素敵!

02.未来は今に
清く正しく明るいラブソング!(笑)
なのに、「愛している」とも「好きだ」とも語っていない。
言葉を超越した、もっと深く永遠に続く愛の歌。
ラストのコーラスも生で聞いて見たいな

03.彼女とOh My God!
う~ん、(仕事を)サボって当てのないデート・・・って、昔からよくあるテーマだけど(笑)、軽やかなメロディが“罪の意識”を消しちゃって(?)お見事~!
でもこの曲の要さんの歌い方からすると、女性の立場から見た世界の歌詞の方が似合っていたかも…なんて思うのは私だけ?

04.愛の歌
あ~、あっさりとした始まり方もシンプルでいいなぁ。
シングルとは違った良さがありますね。
この曲のギターソロ、大好き~!
『あいまいなメロディ~』からの要さんの声がイイナァ~
ラストに向かっての大合唱は何度聞いても「感動~!」です。

05.初めて君とあった日
出会いの日をこんな風に覚えてくれていたら…。
重ねてきた日々をこんな風に感じてくれていたら…。
さりげない歌詞の中に二人の幸せな日常が浮かんできます。
大人のラブソング。まさにそんな感じ。
「愛している」の一言より、ずっとずっと嬉しい告白かもしれませんね。
ヴァイオリンの音色も、優しい曲調も素敵・・・。

06.あなたの背中
男の人にとって「父親」の存在って大きなものなんですね。
羨ましい気さえします。
自分が大人になり、親になって、改めて感じる「偉大な背中」。
これも大人ならではの1曲かもしれません。
ラストのギターの音色が優しくて好きです。

07.Strage Danse 
いつかどこかで聞いたことのあるような音とリズム。
ガンガンに攻めるダンスナンバーではなく、珍しく抑え目ですね。
自然に揺れる感じ。
LIVEで聞くとまた違うのかな? 手拍子が楽しくなりそう。
この曲も前向きな歌詞で、一種の応援歌的な要素があります。
チラチラ聞こえるベースの音がカッコイイ!
カウントは誰の声?

08.大渋滞
この曲!
テアトロンで聞いて、とーっても期待してました~!!
入りのコーラスもカッコイイ!
6人の声の迫力っていつ聞いても凄すぎる~
差しのギターの音色も効いてます。
あ~、早くLIVEで聞きたいヨォ~~

09.煙が身にしみる
軽やかでおどけた曲。
可愛らしい印象まで受けちゃう。
詩の内容は愛煙家には身につまされるものがあるんでしょうねぇ…。
苦笑いしながら聞いている人たちの顔が目に浮かぶわ~。(笑)

10.大事なものは見えない場所にある
唯一、柿沼さんが歌っている曲。
こういう内容の歌詞って、歌い方を間違えると説教臭くなったり、押し付けがましくなったりするものだけど、柿沼さんが歌うとすんなり素直に受け止められるから不思議。
これも人柄…かな。
この曲も人生経験を重ねた大人だからこそ歌える曲ですね。

11.WAKE UP! MY HEART
どうしてこの曲がラストなの?って思った人はいませんか? 私だけ?
思いっきり悲しい状況を綴った歌詞なんだけど、それを乗り越えようとする意志を表すようなギターの音色がとっても力強くって大好きな1曲です。
やっぱりラストにふさわしい…のかな?


このアルバムは聞き込むほどに新しい発見や、感動が生まれそうです。
明日は今日とは違った感想を持つんだろうな。

秋空のようなアルバム。

しばらくは、どっぷりとスタレビの世界に浸りま~す♪



※ この記事はもう一つのブログ
ちゃんぷるーな毎日からこちらへ移したものです。
スポンサーサイト
楽しいLIVEの翌日は早起きして、テアトロン会場へお散歩です。
完全に片付けられていない会場内に入れるのは、早起きした宿泊者だけの特権かもね~
(本当は入っちゃいけないのかな?)
ステージに上がって、みんなで肩を組みながら「ハイ!ポ~ズ!」
もちろん右足は後ろに流してお辞儀しながらですよ~。
楽屋口やステージの裏側へ回って、昨夜の感動をもう一度~
              
              20070806211436.jpg

今日も暑くなりそうですよ~!
さてさて、今日のメインは直島カンコーズ!
高松からフェリーで50分の旅です。
この直島は、島中に芸術が溢れているという所。
フェリー乗り場でも、さっそく赤いカボチャのオブジェが迎えてくれました。
のんびりとドライブしながら、いくつものオブジェが点在するポイントへ。
有名な黄色いカボチャもここにありましたよ。

20070806212349.jpg


お次は、島の東側で「家プロジェクト」の鑑賞です。
いくつかの「家」を巡ったのですが、その中でもこのガラスの階段はキレイでした~!

                        20070806212737.jpg


ふふふ~、このプロジェクトの徹底している所は、トイレにまで芸術作品に仕上げちゃっているところ。
このトイレの屋根は一見の価値ありでしたよ~!

20070806213233.jpg


このカンコーズを企画してくれたお友だち、そして車で一緒に楽しんでくれたお友達に感謝です!
ありがとう~

ホテルから会場までは長~い階段が続きます。
この階段が中途半端な間隔なのよね…。
どちらか片方の足で下り続けなきゃいけないんです。
それに、帰りのことを考えると気が重い~。
この階段を下るって事は、帰りは登らなきゃならないってことなんですよ。
あ~、去年も「来年のために体力付けておかなきゃ~!」なんて思ってたなぁ…。
(↑ 学習能力ゼロですわぁ~

う~~~、暑い。とにかく暑い。
焼け付くような陽射しがジリジリと肌を刺します。
暑いっていうより、痛いって感じ。

グッズ売り場を少しだけ覗いて、そそくさと席へ急ぎます。
この石の座席が熱いのなんのって。
その上、この石の座席は真っ白だから、光を反射して眩しい~!
座布団とサングラスは必需品です。あとは帽子かタオル。
日焼け止めクリームだけじゃぁ、効果はあまり期待できないかも。

私たちが席に到着した時と同時に、オープニングアクトとして、
音楽山盛でもお馴染みの「シガキマサキ」君の登場です。
添田さんが絶賛するあの曲も歌ってくれましたよ。


そしていよいよスタレビの登場!

この日はとにかく暑くて、機材にトラブルが発生!!
処理中の要さんに代わって、柿沼さんがMCを勤めます。
なぜか新鮮で面白かった~

途中のMCで、要さんの口の中に虫が…。
思わず咳き込み、振り返って水を手にとる要さん。
珍しい光景だけど、大丈夫かな?
このあとも、チョット辛そうな様子のまま歌い続けました。

暗くなって、空を見上げると星はほんの少しだけ。
薄雲がかかったみたいです。少し残念だな。

楽しい時間はあっという間に終わりに近付きます。
ああ、もう終わっちゃうのね~。
素敵なLIVEをありがとう~!

お会いできた皆さん、来年もまたココでお会いしましょう~!

友だち3人~♪

スタレビのLiveで要さんがいつも言っている台詞
「今度は友だち3人連れてきてね~!」

これで会場は笑いに包まれるんだよね~。(^^)


だけど友だち3人ってけっこう難しいよね。

友だちだからって趣味が同じとは限らないし、
趣味が同じ人は最初っから同じLiveへ行ってるでしょ?

じゃぁ~、どうすればいいの~??

スタレビの事を知らない人はたくさんいても
(え? ファンにあるまじき発言でしたかぁ?)、
その中で一緒に楽しめそうな人を友達にすることって? 
しかも3人だよ…?!

・・・したがって、私は今まで友だち3人を連れてスタレビのLiveへ行った事はありません。
(元々のスタレビファンは別ですよ~!)
多分、これからも無理だなぁ。

って、本当に新規のお客さんを3人も連れてった人なんているの???

「言うは易し」。
 ・・・の代表だよねぇ。これって…。







さいたま・お江戸旅行から1週間経っちゃった。

世紀の大祭典
「25年に一度の大感謝祭 6時間ライブ おやつ付き」 に参加したのは先週の今日。

   20070526125536.jpg

          
夢のような時間だったな。

大体ねー、この私が関東まで遠征するなんて事自体、3年前までは考えられなかった事だもの。
誘ってくれたお友達、ありがとう~!
一人じゃ無理だった。最初っからあきらめていたと思うわ。

楽しかったのはライブだけじゃなかった。
スタレビに縁の地、さいたまのカンコーズ。
言う事を聞いてくれない「不親切な」カーナビに悪戦苦闘しながらのドライブも、
スタレビファンのてんちょーさんのお店でいただいた美味しいお蕎麦も、

20070526124320.jpg
                20070526124424.jpg


昔ながらの佇まいで優しく迎えてくれた、古沢商店のおばちゃんも、

        20070526124519.jpg


慌てた割にはのんびりと見ることが出来た、夕暮れ時の広い川原も、

                           20070526124611.jpg


それに、ライブ翌日のお江戸“バタバタ・カンコーズ”も。
みんなみんな、大切な友だちと一緒だったから楽しめた。

大切な友だちと“めぐり逢わせて”くれたスタレビ。

昨日はそんなスタレビの26回目のお誕生日だった。
今日からは27年目に突入だね。

スタレビに感謝。
スタレビが生まれてくれたことに感謝。
スタレビが長く続けていてくれる事に…特別な感謝!

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。