上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルベルトのソロLIVEに行ってきました。

ここ数年、ディアマンテスが福岡へ来るのはイベント出演のときだけ。
正味1時間程度のライブしか見られないんです。

対してアルベルトのソロLIVEはほぼ年に1度、定期的に行われるようになりました。
昨日もたっぷり2時間~。

それはとても嬉しい事だけど、ちょっと問題が…。
このソロLIVE、純粋なファンが実に少ないんです。
主催団体の会員さんが主なお客さんで、私のようにフリーで指定席を買って入る客は1割にも満たないぐらい…。
会員さん達は、誘われたからとか、チケットが余っていたからといった理由で来られる方もいて…と言うより、そのほうが多いみたい…。
だからノリがイマイチ。
ファンとしてはちょっと寂しいですよね。

LIVE自体はとても素敵でした。
アルベルトの声はいつ聞いても最高~!
あの小さな身体から発せられる、張りのある艶やかな声は唯一無二のものと言ってもいいかもしれません。

ギターもまた素晴らしかった!!
あのギター、何と言うんでしょう?
奏法は?
詳しい事はわからないけれど、とにかくスゴイ!!

帰りにはCDにサインをいただいて、握手も~!
嬉しかったぁ~

出口でモタモタしていたオバチャンのおかげで、外に出るに出られず、電車を1本乗り遅れちゃったりもしたけれど、まずまずの1日でした。

出来ればディアマンテスとして単独LIVEを希望!
もうそろそろじらさないで~!
スポンサーサイト
8月18日、能古島で行われた「ISLA DE SALSA 2007」へ参加してきました。

             Image173.jpg
  
福岡市内からフェリーで10分少々とは言いながらも、やはりそこは離島。
1時間に1本しかないフェリーで渡るとなると時間を測って行動しなければなりません。
さらに車の乗り入れは制限されているし、決してお気楽・簡単に行けるところではないのですが、これがどうしてこうして…。結構な人の数です。

会場は高い椰子の木が茂り、なんともイイカンジ。
南国のムードたっぷりです。
お天気も最高!
日焼けしないように完全防備で臨んだつもりでしたが、それでもじんわりと焼けてしまいました。

砂浜に2つのステージ。
交互に熱いLIVEが繰り広げられます。

  Image163.jpg

                Image176.jpg

この日、ステージのトップバッターはなんと高校生!
しかし、この子達がメチャメチャ上手いの~!
ひゃぁ、今どきの高校生って恵まれているのね…。高校でラテンバンドを組むなんて昔じゃぁ考えられないでしょ~?
司会は地元の有名人?(笑)の斉藤ふみちゃんでした。

耳はステージに残したまま、お昼ご飯を求めてウロウロ…。
いくつかの売店(食事や飲み物)も充実していて、中南米やスペイン・アフリカのお料理も楽しめます。トロピカルなカクテルもありましたよ。
で、選んだのがこれ! 色んな料理がちょっとずつバランスよく乗せられたプレートです。
           
              食事
美味しかった~。

お目当てのディアマンテスはこの日のトリ。まだまだ彼らのステージまでは時間があるのでお散歩したり、ベンチで涼んだりしながらまったりと過ごします。
ステージでは「和太鼓」あり「スカ」あり、ダンスパフォーマンスあり。
中でも注目を浴びていたのが、ブラジルの「カポエイラ」というダンスパフォーマンス。
動きがすばやくて、ダンスというよりは格闘技です。カッコ良かった~!
それにしても周りの観客は元気がいいのね~。
ずーっと踊りっぱなしの人も沢山いました。
ビキニスタイルの女の子もいっぱい~! 踊って汗をかいたらそのまま海へチャポ~ン。
はぁ~、何とも健康的だこと…。若いってイイねぇ。
(↑我ながらオバチャンだなぁ
陽も傾いて少し涼しくなった頃、サルサの帝王「オスカル・デ・レオン」登場!

            Image181.jpg

ひゃぁ~、どこをどう見たって還暦を過ぎているとは思えないほどのパワフルさ。もの凄い声量と、軽快なダンスステップ!
見る者、聞く者を惹きつける魅力たっぷりのおじ様でした。

そしていよいよ、お待ち兼ねの「ディアマンテス~!」
アルベルトの立ち位置だけが異様に前じゃない?
他のメンバーの顔がみえないよ~。
っ~て、私がステージに近すぎるのか~?!
ほぼド真ん中、真ん前です。・・・(最初だけね。)
えぇ~、ここはステージの写真もOKなの?
どんどんカメラ片手に前に割り込んでくるんだけど…。
しかもフラッシュまで~! いいの~???

ハイ…。私も写しちゃいました。
事前に出演者にもOKが取れていたのかしら?

              Image200.jpg

1年ぶりのディアマンテスはかなりノリノリでしたよ~。
新曲の「Cerveza」、「イイカンジ」からカバー曲の「バンボレオ」、デビュー曲「ガンバッテヤンド」そして「花祭り」等など、新旧取り混ぜてお馴染みの曲を演奏してくれました。
満足満足~!

来年?
そうね~、ゲスト次第…で参加したいな~♪

焦げてきます…

いよいよ明日は“イスラ・デ・サルサ”の開催日です。
福岡の夏を熱く彩ってきたラテンフェスタも今年で11回目。
毎年行きたい行きたいと思いながら、一度も参加できずにいたこのイベントに今年は参加してきますよ~。
何たって今年のゲストに大好きなディアマンテスが登場~!
こりゃ、「行かねば!」でしょ~!

嬉しい事にスペイン語クラブの仲間も一人参加することになりました。
一人で行く気だったので、連れがいるのはウレシイ限り~!
思いっきりラテンの世界に酔いしれてきたいと思います。

会場は博多湾に浮かぶ「能古島」のビーチです。
もちろん野外。水着姿で参加するお客さんも多いみたいですよ。
あ~、でも暑そうだなぁ。
参加経験のある友達の話だと、「焦げるよ~!」だって…。
Tシャツの着替えも必要だとか。
う~ん…。
今年の夏は日焼けする運命なのね…。(既にテアトロンでこんがり気味ですから~
日焼け止めは厚めに塗りましょう~。

それでは、熱射病・日射病にならない程度にはしゃいできま~す!


お土産に買ったCD。
家事の合間に聞いてみました。

まずはディアマンテスの「Eisa」
まだ8人編成の頃の作品。
この中にある曲はLIVEでは聞いたことがあっても、他のCDには入っていないものもあって、ずっと欲しかったの。
だけど、ネットで簡単に手に入れるのもちょっと癪で…。(笑)

20061104201144.jpeg


さっそく聞いてみると、声が若~い!(当たり前だけど…)
“Ponte Genki”~本当に元気になれる曲だわ~!
この夏の「沖縄ナイト2006」でも聞いたけれど、こうして歌詞を読みながら聞いてみると、ますます元気になれるような気がする。
懐かしいパティちゃん、千秋ちゃんの声もいいな~。

次に聞いたのが、U-DOU&PLATYの「Big Up」

ユープラ


ひゃ~! 楽しい!!
聞いているだけで、2泊3日の沖縄の旅が出来ちゃうなんて~!
見た目はごくフツーの今どきのおにぃチャンだけど、この二人の沖縄を愛する心がビンビン伝わってくる。
詩の内容もとってもいいね。
レゲエのリズムと、沖縄の独特の音が気持ちよくミックスされていて、今風の音なのに、なぜか懐かしい。
コレ、オススメ!
あ、ただし、歌の上手さとか、音楽性とかを求めてはいけません…。
(ファンの方、ゴメンネ~!)
でも、沖縄に少しでも興味のある方には、老若男女を問わずにお勧めしたい1枚です。
沖縄在住の彼らが、2泊3日の日程で遊びに来た友人を案内する作りになっています。
とっても楽しい旅ですので、興味を持たれた方はぜひ聞いてみてくださいね~!




今日の共通テーマは「CD」
もう一つのブログ「ちゃんぷるーな毎日」もヨロシク~!

今日はちょっと用事があって仕事はお休み。
朝からノンビリした時間を過ごしています。



私はスタレビ(スターダストレビュー)が大好きです!
(って、今更そんなことを宣言しなくても…。)

だけど、スタレビだけじゃないんですよね~。
実は、家の中で一番聞いているのは「ディアマンテス」というラテンロックバンドの曲だったりします。
私は洋楽をほとんど聞きません。昔はまったく聞きませんでしたね。むしろ、毛嫌いしていたかも。
以前は今以上に“歌詞”を重視していたので、意味のわからない外国語の詩はどうも苦手だったんですよ。
なのに、なぜかこのディアマンのボーカル、アルベルトの歌声を始めて聴いた瞬間からヤラレちゃいました…。

元々、男性のハスキーな声とロックが大好きで、古くは甲斐バンド・もんたよしのり・柳ジョージ・LOOKの鈴木トオル・そしてスタレビの要さん…、など独特の声に聞き惚れていたのですが、このアルベルトはちょっと違うんですよね。
今まで好きだった声とはまったく違う。曲も違う。

そう、正統派とも言える歌い方、声、何よりもその声量と抜群のリズム感。
ちょっとやそっとの人間じゃありません~!

だけど…。
自分で言うのもなんだけど、本当に一瞬のうちに虜になってしまうって事があるんですねぇ。
一目ぼれ、ならぬ、一聞きぼれかな。
以来、10年以上になるかな? ず~っと聞き続けています。
スタレビの要さんが、スタレビの音楽と出会うことを「プールに落としたコンタクトレンズを見つけるような確率」なんて比喩されていますが、ディアマンとの出会いの場合はもっと確率は低いと思われるのですが…。

なんたって、彼らのデビュー曲はスペイン語で歌っているんです~!

洋楽を聞かない私がなぜ?

自分でも不思議。
しかし、彼らとの出会いは確実に私を変えてくれました。
現在私はスペイン語のクラブに所属しています。
アルベルトの出身地である中南米の歴史や地理に興味を持ち、アルベルトが生活をしている沖縄にも好奇心をそそられるものを感じています。
クラブを通じて、日系人のお友だちや中南米出身者、スペインにもお友だちが出来ました。

昔も今も彼らの本拠地はず~っと沖縄。
自らが営むLIVEハウスを拠点に活動しているようです。
沖縄にこだわる所が彼らのいいところでもあるのだけど、遠いよね…。

コレにも行きたいけれど、やはり無理だわ・・・。

それにしてもこの写真、カッコイイ~!


アルベルト・クリスマスディナーショー






お暇だったら覗いてみてね   『もう一つのブログ』
今日のテーマは「ディアマンテス」

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。