上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25日発売のGANGA ZUMBAのファーストアルバム「UM」

        UM


しっかり24日にはGetしたのに、結局まともに聞いたのは今日。
しかもさらーっと1回だけ。
でも魅力的な曲がいっぱい詰まっているな~って事は感じ取れましたよ。

あー、LIVEで聞きたいな~!
どうもねぇ…、こういうバンドって、CDだと十分にそのよさが伝わらないような気がします。
う~ん、うまく言葉が見つからないけれど、CDだと小さくまとまっちゃって、面白味に欠けるような気がするのよね。
やっぱり、LIVEならではのノリや、高揚感が命なんじゃないかな。

正直な所、宮沢さんの声ってあまり好みじゃないし、歌い方も苦手だったりして、今まであまり聞き込んだことがありません。
あれだけ流行った「島歌」でさえ、宮沢さんの歌よりも、アルベルトのスパニッシュバージョンの方が好きだったりして…。(苦笑)

それでも、このGANGA ZUMBAはなんでもアリの「ちゃんぷるー」な感じが大好きです。
無国籍的でありながら、ラテン的だったり、沖縄のイメージだったり。
最近、こういうバンドに弱いのよね~。(笑)

連休中に何度も聞き込みそうな1枚です。☆☆☆!!!
スポンサーサイト

飛翔…

私にとっての角松君の初めてのLIVEは去年の年末だったので、
私は元気な頃の青木氏を知らない。
だが、元気な浅野さんは知っている。ほんの少しだけでしかないが。
勿論、その音は昔から知っているけれど。
(映像の中でなら、お二人とも昔から知ってはいました…。)

本来ならば彼らの“死”の情報は、私にとってはさほどショックではなかったはずだ。
間接的に名前を知っている人。ただのミュージシャン。
そう、その程度のものだったはずだ。

しかし、残された者の気持ちを思う時、
その“死”はとても大きな意味を持つ。

今、彼の悲しみは私の悲しみとなっている。

立て続けに親しい人を失うなんて…。

私の心にまで深く沁みこんで行く“死”に、
彼の心を思う。
彼の痛みを思う。

早すぎる…。

きっと全国のファンも同じ気持ちでいるのだろう。

浅野さん。
あなたのギター、好きでした。
心からご冥福を祈ります。
午後になって、いつもの散歩道を歩く。
今日は途中から少しだけ大回りをしてみました。

通りに面したお庭に、色とりどりのお花が咲いていてとってもキレイ。
鮮やかな春色で、どこのお庭も賑やかでいいな。
公園のつつじもボチボチつぼみが開いているみたい。
あら~! 藤の花まで咲いてる~!!
 今年はずいぶん早いのねー。

あっ! こら~っ!!
小学生の男の子が、つつじの枝をポキポキ折りながら歩いてくる…!
「ちょっと~!! やめなさ…」

え? んんん???

あらら…。
いきなり花のお尻を口に入れちゃった~!

うわぁ~~。今どきの子もやるんだぁ~!

そう、蜜を吸っていたんです。


そう言えば、私も子どもの頃は道くさしながらつつじの蜜をすすったなぁ。
蜜といえば、サルビアも甘かったっけ。
道くさが楽しかった時代。
今の季節は、田んぼいっぱいに咲いていたレンゲ草で首飾りを作って遊んだものだわ…。

あれ?
思い出に浸っている間に、例の男の子はいなくなっちゃった。


ま、いいか。





もう一つのブログ
ちゃんぷるーな毎日
お花見も色々あるけれど、我が家で毎年恒例にしているお花見の一つがこれ。
『直方チューリップフェア』  チューリップミニサイズ


昨日は絶好のタイミングで、チューリップの見頃を楽しんできました。
遠賀川の河川敷にずらりと植えられた、20万本の色とりどりのチューリップが春風にそよぐ姿は、なんとも可愛らしい~!
「世界のチューリップ」というコーナーでは、30種類の珍しいチューリップを見ることが出来ました。まるでユリや牡丹のようなものまで…色々あるのね~!

この河川敷にはオートキャンプ場も有り、直方市民の憩いの場となっているようです。
のんびりとお散歩をするワンちゃんたちも、カラフルなお洋服を着てオシャレしていました。
大勢の花見客の中でもリラックスした様子だったのは、芝生の感触が気持ちよかったんでしょうね。みんなお利口さんでした~。

移動動物園や、大道芸は子供達にも大人気。
ポニーに乗っておすまし顔で記念撮影をしているちびっ子もいましたよ。
車椅子の団体さんは、どこかの介護施設かな?
キレイなお花は、老若男女を問わずに人の心を和ませてくれるものですね。

フェアは昨日・4月8日から翌週末の4月15日まで。
今が一番の見頃みたいです。
お近くの方はお早めに~!

タイミング

なんか、昨日の私の記事って、すっごいタイミングで載せちゃったみたい…ですね。
夕方のニュースで、「FREE HUGS」を特集?していたらしいです。
(誰か見た人居る?)
残念だけど私は見ていないし、どこの放送局かも知らないけれど、今朝になってあちらこちらで話題みたいです。
やっぱり私が最初に見た映像がオリジナルで、この運動のきっかけみたいでした。
『見知らぬ人とハグし合おう。そして分かり合おう。』というような趣旨らしいけれど、まったくのドキュメンタリーだって。

私が最初にこの運動を知ったのは、地元福岡で有名なブログで紹介されていたから。
去年の秋でした。
GANGA ZUMBAのプロモを見るまで忘れちゃってたけど、あらためてオリジナルを見ると「日本ではどうだろう…」と思いますよね。
ところが、今では日本でもこの運動を広めようとしている人がいるらしいですよ。
日本人の感覚も欧米化(ギャグじゃないよ~!・笑)しているんでしょうね。

えー、関係ないけれど、昨日の夜のTV「たけしの誰でもピカソ」にGANGA ZUMBAが出演していました。
(これってタイミングが良すぎない???)
昨年の秋に、私がいつも覗いているブログで紹介されていたビデオクリップ。
「FREE HUGS」

いろんなことを考えさせられるね。
現在ではいろんな国のバージョンも出来ているらしい。
さて、日本では誰が最初にやるのか? ちょっぴり興味があった。

それが、この春に発売される「GANGA ZUMBA」の1stアルバム「UM」のビデオクリップとして見ることが出来る。

そうか! 宮沢さんがやっちゃったか!
・・・何となく納得。(笑)
(他の誰かが先にやってる? 教えてね~)

今まで、宮沢さん(BOOMも含めてだけど)の曲は、積極的に聞いたことが無かったけれど、今回の「GANGA ZUMBA」ってバンドはとっても気になる。
実はすでに予約済み。

いったいどこまで守備範囲を広げるつもりなんだろう…。私って。

「GANGA ZUMBA」の公式HP

お友だち

最初はね、ネットで知り会った人なんて信用できるのかな?なんて思っていた。


今はそんな風に思っていたことさえ忘れてしまうぐらいに、ネットでの出会いに感謝している。

それは、たまたま私の運が良かっただけなのかも知れない。

けれどこうして知り会わなかったら、私の生活は味気ないものになっていただろう。

ネットを通じて出会えた友人に支えられて今の私がある。

一緒に笑い、泣き、感動を共にする事の出来る友人がいる。
その事のありがたさを、しみじみと感じている。

こうした友人がご近所にもできた。
全国各地にも友人は増えた。とてもうれしいことだ。
今までの常識では考えられないほどのスピードと、濃密な関係をもたらしてくれたネットに感謝。心から感謝。

だから
あなたに出会えた事に
あなたと友達になれたことに…。深く感謝しています。
早いもので…。
このブログを始めてから半年が過ぎました。
あまり更新できていない時も多いのですが、それでもいつも何人かの方に覗いていただけている様子で、非常に嬉しく思います。
みなさん、ありがとう~!!

テーマもバラバラ…。気まぐれに、好きなことを好きなように書き連ねているだけで、決してためになるような事はかけない私ですが、ウソや大げさな表現はない…つもり…です。
40代の女性のありふれた日常…というよりも、かなりハジケタ日常(笑)ですが、ありのままを書き続けて行きたいと思っています。

これからもボチボチやっていきます。
細く長く、また半年、1年と長く続けていけたらいいな~。

どうぞ、これからもよろしくお願いします~!m(__)m




「ちゃんぷるーな毎日」はココ
「40代のリスナーに贈る 角松敏生の80’sミュージックカフェ」
昨日の朝放送された、角松君のラジオ番組。

昨日の番組は3回目の放送だそうだが、半年?それとも1年毎にやっているの?
私が聞くのは昨日が初めて。

80年代の音楽と共に懐かしい角松君の語り声が聞こえてくると、一気にタイムトンネルを抜けたような錯覚に陥った。
今から20数年前、毎週日曜日の朝10時(だったと思う?)は、欠かさずラジオの前にいた。
私がまだうら若きOL時代。
ラジオから流れてくるおしゃれな音楽と、角松君の軽快なおしゃべりが楽しみだった。
この番組を録り溜めたテープもかなりたくさんあったはずだけど、結婚やその後の2度の引越しの時に整理してしまった。今ではたった1本だけが手元に残っている。

角松君の一つ一つの曲に特別な思い入れがあるわけではないけれど、彼の声を聞いていると“夢と希望”に満ち溢れていた、若き日の自分に戻れる気がする。
毎日が忙しくて、それでも十分に満ち足りていて、自由を謳歌していた時代。

もちろん、今も幸せ。
だからこそ、過去を心地よく振り返ることができるんだよね。

スタレビと私は、知り合ってからずーっと一緒に歩いてきた。
振り返ると随分長い道のりだけど、いつも一緒だとその長さや変化になかなか気がつかないものだ。
角松君とは途中に長い空白がある。
この空白がお互いの変化を際立たせているのかもしれない…。

角松君、カッコイイ大人になったね。

さぁ~て、私も負けないように頑張らなきゃ~!







最後になったけれど、昨日の角松君のラジオは本来ならば先週の日曜日に放送の予定でした。
突然襲った地震の影響で、昨日に延期になったものです。
被害に会われた方々にお見舞いを申し上げると共に、
被害地域の皆さんの一日も早い復興を祈ります。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。