上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中米「ハイチ」を舞台にした映画
ミラクルバナナ』の地元劇場での公開が決まった。
この映画の舞台となっているハイチはカリブ海に浮かぶ美しい島「エスパニョーラ島」の西側1/3にある。
当初、このハイチで行われる予定だったロケは、2001年の同時多発テロとその余波をうけ、さらに2004年春に起こったハイチ国内でのクーデターによって困難な状態に陥ってしまった。
そこで、急遽代替地としてハイチの隣国「ドミニカ共和国」が選ばれることになった。
同じエスパニョーラ島の東側2/3を占めるドミニカはハイチとは異なり、かなり治安の安定した国だったためであろう・・・。




このドミニカ共和国は、私が所属するスペイン語クラブの先生の出身地であり、2年前には私もこの地を訪れることが出来て、とても身近に感じている国でもあります。
このドミニカでロケが行われたということで、映画『ミラクルバナナ』は、どうしても見たい映画でした。
もちろん内容にもキャストにも興味があります。



みなさんも、地球の裏側「カリブの島国」のお話を観に行きませんか?



あ~、12月が待ち遠しい・・・。





今日の共通テーマは「ミラクルバナナ」
もう一つのブログも見てね


スポンサーサイト

コメント

>たえちゃん♪
そうそう、広島は福岡よりも一足早く上映が決まったのでした~。
ええ、機会があればぜひ見てくださいね~!

内容はストーリもそうですが、日本映画がいったいどこまで現在の中南米を描ききっているのか?と、いう所にも興味があります。
ハイチで、あるいはドミニカでなければ成り立たない映画に仕上がっているといいな…。(^-^)



いたるところで見かけるような気がします。
異質な感じなので、凄く印象に残りますよね。
でも、あの明るそうな雰囲気とは裏腹に、結構深いストーリーなのでしょうか。
機会があれば見てみます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kongotamatebako.blog74.fc2.com/tb.php/11-5f8d80e4


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。